自分がどれかわからなくなった時の対処法【再up】

Pocket

014.自分がどれかわからなくなった時の対処法

さて、先ほど薬物療法においての最大のデメリットとして、自分の人格の上を自動で踏破する自律自殺プログラムのようなものが作動します、と書きました。

そのような時期において、死なせようとする(偽装自分)とそれにあがらう自分みたいなのがいて、さらにいえば、それを客観視する自分がいることがわかるかと思います。この辺は、健常者の方には決してわからない感覚な気もします。イメージとしては天使と悪魔とそれを俯瞰している(上から仲良くねって調停中の)神がいる感じです。ところが、これは私の主観全開の話なので、、あれですが、どうも「3人では足りない」と口に漏らしたことがあります。教授は面白いと言ってくださいましたが、どうなんでしょうか??
この話はユング派の三位一体を思わせるような話で、三位一体は果たして3つなのか4つなのか? といった議論です。修道士クラウスの幻像というのがありますが、それが分かるような感覚です。ただ、まあ修道士クラウスのあれはユダヤ教のカバラでいうところの無限光アイン・ソフ・アウルのようなものが中心の点に見えると考えていますが。まあ教養のない阿呆がのたまったところで仕方ないので話を戻します。この時点で私は悪魔の部分、「薬害うつ病」の企死念慮を完全に自分だと捉えていたことが結構怖い話です。また、3つでは足りないという感覚ですが、空座がある。なにか空いている席が一つだけあるような奇妙なものです。空間全体、リビドーのように流動的なエネルギーかもしれませんし、私の真理の扉への通行料(気が狂えば狂うほど人間の精神の真理に到達できるという誰得錬金術)ではそれが限界でした。これ以上は通行料払いたくないし、だいぶキックバックされてきたと感じてます。なんのこっちゃな話になってしまいましたが、要するに俺って統合失調症?? みたいな時期にどうするか?? という話です。

このとき何かを決心したりすると、次の日や下手をすると30秒後には意見や考えが180度転換してたりと訳のわからない状態で一定してないと思います。非常にこれ困りました。何も決まらない決めきらない。決めたとしても次の日にはほぼ100%270度回転している。どうすればいいのか?? こういった時、わりとすごい考えをしたものです。私。自分を褒めてやりたい。それは、、

「占いに全てを託す」です。

もうめちゃくちゃですね笑でもそれが論理的なぐらい頭の中はぐちゃぐちゃでした。頭の中が群雄割拠の戦国時代だったんです。そりゃあ何かを担ぎ出さないとまとまるものもまとまらない、と。夢占いも併用したのですが、わき道それるので置いときます。占いといっても、様々ですが、必要なのは現状分析と目標とその結果です。そういった占いができるものとしてタロットカードを購入いたしました。タロットカードを購入して行ったのはまず、「聖別」です。字あってるかな? タロットカードを行うのはこうこうこういう目的ですと誓うことです。誰に祈るかはよく分かってません。神とかご先祖様とかとりあえず高次のものに対して祈るなり、宣言すればいいと思います。この作業は非常に大事だと思います。確かに宗教的儀式の様相ですが、臨床心理学でいうなら枠をつくること、けじめをつける、ルールをつくる、ハンター×ハンターの覚悟と制約です。私の場合はライダー・タロットに困っている人の道標になるようにといったものでした。今はよっぽどの場合にしかライダー版はしませんけどね、怖くて。

 結論からいうと行動が継続するようになりました。

 

ぐっちゃぐっちゃの頭はぐっちゃぐっちゃのままほっといて、アウトソーシング(外部委託)した訳です。意外だったのが本当に、物事の行動に一貫性がでたことです。よく占いがってひとくくりに馬鹿にされますが、本物もあります。むしろ本物を隠すためにくだらない占いを増やしてるんかってくらいです。でもさあ占いなんてって、いう人に問います。なぜ占いを信じないのですか? 占い師を信じないのですか?? というと答えはこうでるでしょう。どうせホットリーディングとコールドリーディングの組み合わせだろ?? と?? 私もその一人です笑

ホットリーディングとは直接調査して得た結果をもとに、さも占ったかのように見せてだます詐欺師の手法で、コールドリーディングとは、どちらでもとれるようなことを言ったり、誘導して情報を引き出したり、ある意味詐欺師ではなく、ギリシャにいそうな哲学者っぽい気もしますが、技術で当ててくる手法です。タロットカードは占いといいますが、コールドリーディングの技術のそれこそ人類の叡智の結晶のようなものです。いつ誕生したのかもわからないぐらい昔から存在するもので、様々な議論や止揚をされてできあがった、

現状分析の「最強」ツールです。

はやい話がライダータロットがあれば、カウンセラー要りません。カウンセリング受けたところで患者が患者のことを一番よく知っているとか何とか言い訳に事欠かないロジャース派が日本の主流なので、だったらタロットでいいやない?? って話です。自分で自分にアドバイスできるのですから。タロットカードはスプレットという並べ方によって色々な占い方ができます。
おすすめはケルト十字占いです。これが一番的中率が高いとかなんとかです。実際使いやすいですし、ぞっとするくらい本心を当ててきます。これには理由があるのですが、日中ではなくできれば深夜、静かな場所で薄暗いところで行ってください。あと、お香は用意した方が気分的にいいかもしれません。
先に少しエピソードを。タロットカードはすばらしいんです、みたいなことを言っておきながら、私も最初の一回失笑しながらやったんですよ。全く信じてない状態で。高い買い物だったかな? とか考えながら。でめくるわけです。現状、妨害、目標、過去の出来事、根拠、近い未来起こってくること、なーんにも役にたたねえな、と思いながら(最初は漠然とした何を占うまでもなく冷やかし半分で適当に占いました)、質問者、周囲からみた自分、将来の感情、最終結果。調べながら意味や解釈を考えます。なんかばらばら、現状も過去も目標も最終結果もふーん、と。やっぱこんなものかと。残りの項目も調べて「質問者」のところのカードの意味を知ってぞっとしました。

「おまえ、信じてないだろ??」

って意味で。体中から血の気がひいたあの感覚は、今ではいい思い出です。笑
てなわけで、信じてやり始めてから当たる当たる。というかそこまでくると外さない、というより外せない。タロットカードってのは意味は1つではないんですよ、意味がいっぱいあって、そこから自分に当てはまるように選んで、話を作っていって解釈する。外せないように作られているんです。某掲示板のコピペにこの中から選んでいってください、最後にあなたの選んだのは〜〜ですね? ってほぼ絶対当てられる誘導尋問もといコールド・リーディングの見本みたいなのがありますが、それの歴史上の学問の結晶みたいなものです。ふつうに一家に一セットあってもおかしくないような、完成度の高さを見せつけられます。それと同時に逆になんで最初の一回だけ、あんなにもバラバラだったのかを考えるとなんか魔力めいたものを感じてしまうのです。
もう一つ、魔力めいたエピソードを。自殺のことをすごい考えて苦しんでいた頃、どうやったら無事生きられるかを考えて占ったことがあります。例えばゼミを頑張り続けて卒業を目指したらどうか? ゼミを辞めて卒業を目指したら?? 語学の勉強を続けたら?? 色々考えながら占ったんですが、11回かな?? 連続で最終結果もしくは質問者のところに死、もしくは安楽死のカードが出続けました。6回連続ででたあたりからは何か必死に質問考えてた記憶があります。死の暗示のカードってちなみに大アルカナの13のTHE DEATH だけではないですよ、剣の4がそうです。だからよく出るんですっては、とてもではないけど言えない。あまりよくシャッフルができてないから偏るんだよって気がしてよくシャッフルしてもカットしてもでる。まあカット回数も13回にこだわってましたけど、それを置いといてもでる。計算したら二桁兆分の、、ということを覚えてます。そんな中一つだけ、いい最終結果が出たものがありました。それは、

「休学したらどうなるか?」

というものでした。卒業後実家に帰る時分、実際親が来て、引っ越し業者に、安楽死装置を引き取られていく様をみて、タロットに救われたなと思ったことは確かです。
ただ、あまりにもオカルトすぎたので、その後普段使いようにトート・タロットを購入してます。「聖別」は自己の統合。神人合一。脳の中が混乱している人がひとつにまとまりますように、としています。まあそれはそれで、人を気軽に占えなくなったりしてますが。トートタロットは愛は正義なり、法の下の愛こそが、の台詞にピンとくる方なら相性よいのでは? という気がします。精神の統合は、正しい。理性や規律のもとの統合こそが、何か、人事ではなかったんですよね。

 まとめると。タロットの話。

自分の進むべき道に迷ったならアウトソーシングしちゃえば??
魔術ならライダー版。精神分析ならトート版がいいのでは??
という話でした。

 

ちなみに私は、ライダー版のスタンダードサイズ。そして、ライダー版とトート版がセットになったポケットサイズを所持しています。アフィというかただ画像として引っ張ってきてるだけですので、気にせずアマゾンとかからどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。