/うつ病にはセントジョーンズワートをまず飲もう/    /半年通院しても病状がよくならなければセカンド・オピニオンを/  /芸術方面や心理学方面への傾倒は赤信号/

メンヘルアンテナ

頭がこれでこれなので

画像は血界戦線 10巻p157より

amapsy精神を病んだら学ぶこと

臨床心理学、行動経済学、科学哲学etc...

ヘヴィーノベル療法を人体実験してできた産業廃棄物→→→

amapsy(アマサイ)とは

amapsy.com(以下アマサイ)では、統合失調症を小説療法で改善させ7年後(2013年時点から)になった現在も統合失調症の影響をほぼ受けず、双極性障害までに抑え込んだ経験をまとめようとしたものです。現在は通院し、双極性障害の症状を投薬治療のみで寛解し、障害者雇用の正社員で勤務しております。昔に比べ大分情報収集しやすくなったとは言え、まだまだ目的に即した情報を手に入れるのは中々骨がおります。闘病生活改善の為の時間短縮を目指して情報をまとめたり、雇用された後の問題点などをブログを発信したりしていくつもりですので、宜しくお願いいたします。

小説療法について

小説療法とは芸術療法の一種です。自力で病状を治すために考案致しました。とはいってもオリジナリティのあるものではなく、臨床心理学の知見をいいところどりしたごった煮のようなものです。対象となる人も限られており、統合失調症を患っており、自分がどれかわからないといった方で且つもう小説家になるしかないと追いつめられる程、思考や人生が困窮している人が対象となっております。臨床心理学については、個人的には役立たずと考えており、大学院進学もその為目指した時期がありましたが、知識、金、年齢すべてにおいて足りませんでした。なので、実証されているものではなく、実証されている(本当かなあ)知見を拾い集めたもので、不確かですが、実際に私には効果が確かにあったものですが、あくまで経験知だとお考え下さい。その小説療法で快癒した後できた産業廃棄物の小説は一応公開してます

『小説家になろう』https://ncode.syosetu.com/n9309fm/※但し、読むだけ時間の無駄だと思います。あくまで完成とともに治療が終わるものであって自身が読み返す分にはいいですが、完全に読者の目を意識したものではありませんので。

障害者雇用後の現状ブログ

アマサイではまた寛解後の世界として、新たに出てきた問題を備忘録としてブログで発信していきたいと思っております。以前はどうやって人を集めるか考えた結果、2chまとめサイトと化してきたことがありましたので、今度はぶれることなく同じ情報サイトですが、余暇のことを考えず、役立つことを抽出してまとめて、やっていければと考えております。

amapsyの目的

アマサイの目的はとりあえず2つ。

・芸術療法で同じ行動性向のある人を救うということ
・精神障害者は実に合理的な生き物ということを知ってもらうということ
・今後新たな展望を見つけれたらいいなということ

2つが3つや4つになるといいですね~。

NEWS お知らせ

RANKING ランキング